穏やかな人間関係

友達は少ない方が幸せ??人間関係で疲れる人は無理に付き合う必要ないよ。

ポップくん
ポップくん
あああ・・・疲れた。

キョウ
キョウ
ポップくん、どうしたんだい?

ポップくん
ポップくん
友達に飲みに誘われたから行ったんですが…あまり楽しくなくて。でも友達はまた飲みに行こうって言うんですよね。なんだか断りづらいんだけどまた行かなきゃ行けないと思うと憂鬱で。

上記の悩みに答えていこうと思います!この悩みは僕が27歳くらいまで抱えていた悩みです。ハッキリ言いますが、自分にとってメリットのない人間関係は切った方が良いです。その理由を解説していきます。

友達たくさんいた方が楽しいって人もいるので人によります…。しかし、穏やかで自由な人生を歩みたい僕のような人は友達は少ない方が良いです。

友達は5人で十分!

誤解してほしくないのですが、友達が要らないわけではありません。たくさんの友達は要らないというだけです。

メンタリストのDaiGoさんが言うには20代までは友達が多い方が良いが、30代からは友達は絞った方が幸せと仰っています。(下記の動画の6分50秒くらいで仰ってます)

 

20代のくせにぼく、この言葉に大きく共感してしまいました(笑)

僕は少し早くから人間関係を絞ってしまいましたが30代を超えたら性格に関係なく、人間関係を絞っていった方が幸せになる、という研究があるそうです。

ぼくは引きこもるのが好きな性格だから、と思ってましたがみんなそうなんです。

そして体感としても、多くの人間関係を維持しようとすると時間もお金も体力も保ちません。一方で、人間関係を絞ってからの方が心に余裕が出来て、人と会う時間を大事に出来ます。

たくさんの友達に囲まれた20代前半の体験談

僕は元々、友達を作るのが苦手でした。人と喋るのが苦手ですぐにパニックを起こすような子供。いわゆるコミュ症ですね。

中学時代はいじめの対象にされるような子供です。(そんな少年が28歳になった今では接客をこなし店長をやっているのも面白いものです…笑)

そんな経験から高校・大学時代は不器用ながらも友達づきあいを頑張ってたくさんの友人に恵まれました。しかし、それが本当に良かったのかと考えれば答えはNOです!もちろん全てを否定するわけではありませんが、今でも親友と呼べる人は学生時代の友人には一人もいません。

なぜならば僕は「人から選ばれる人間関係」を頑張っていたからです。

キョウ
キョウ
社会人に大事なものは人脈です!って本気で思って苦手な人とも一生懸命付き合ってました。…がそれって幸福とはほど遠いよね?

人間関係に振り回されるぼく

人間関係を自分で選べないから、めんどうな人、やっかいな人、苦手な人とも付き合わざるを得なくなります。そして、その対処に時間とエネルギーを費やしてしまうから、自分にとって本当に望ましい人間関係を構築出来なくなる。そんな悪循環に陥ってしまうのです。

 

言うまでもなく人間関係に悩み、ストレスが溜まり、仕舞いには「人間関係が楽になる本」という本を購入し勉強するほどでした。

結局、人間関係をリセットしたら楽になったのでそんな本は役に立たなかったけどね。

人間関係を自分で『選ぶ』人になろう

ポップくん
ポップくん
人間関係をリセットって…孤独に生きろってことですか?
キョウ
キョウ
それは全くの誤解だよ

人間関係を選ぶというのは、自分が付き合いたい人と付き合うという事です。

付き合いたくない人の言動によって自分の人生に影響が出るのはまさに「振り回されている」という事。逆に自分で「この人と関わりたい」という人と付き合った場合は幸福度が高い状態です。

仕事の出来ない上司から指示されたらイラッとするけど、尊敬する上司から「君ならできる」と難しい課題を与えられるとやりがいに感じるでしょう。そういうことです。

 

なので僕も人間関係をリセットしたと言いつつも、本当に好きな人とは今でも会っているし、新しい人間関係でも自分が好きな人とも飲みに行ったりしています。

ポップくん
ポップくん
錬金術で言うところの「分解」と「再構築」ですね!
キョウ
キョウ
んん…まあそんな感じだね

友達は少なくても大丈夫です。せいぜい5人もいれば十分。だから人付き合いが苦手な人は無理に頑張らないで、その分自分がもっと好きな事にエネルギーを注ぎましょう。

そして、人間関係は自分で選ぶのです。

それが穏やかで自由な人生のために必要です。