ストレスの少ない働き方

手取り13万の非正規雇用から手取り22万+家賃補助の管理職まで出世した話

ポップくん
ポップくん
ううう。就活は失敗したし、自分は仕事も出来ないから給料も少ない。手取り13万じゃ生活するのも大変だよ…。辛いよ。

キョウ
キョウ
ぼくもかつてはそうだったよ!でも28歳の今では手取り22万で家賃補助まで貰える管理職になった!ポップくんも努力すれば必ず出来るよ!

 

この記事ではぼくが手取13万で生きていた22〜24歳の時の話と28歳の管理職(店長)になった話をしていこうと思います!例え今に絶望していていも自分が頑張れば明るい未来は待っているので、仕事に絶望を感じている人ほど読んでほしいと思っています。

 

仕事が出来なくて手取り13万だった22〜24歳

まあーーーーーー絶望するくらい仕事が出来なかったわけですよ!

お客様から話しかけられるとテンパってしまうし、先輩から問いつめられると頭が真っ白になるし、クレーム作ってしまうし…。

当時の上司からは「キョウを退職させたい」と陰で言われるくらい仕事が出来なかったわけです。この記事では本題ではないので割愛しますが、本当に出来なかった。

そんなわけなので給料も当然低いわけです、ぼくは時給850円のフルタイム。手取り13万で生活していました。

先輩の結婚式で7万消えて絶望

大学時代の先輩の結婚式にお呼ばれしたので、「これは行かなければならない!」と思って頑張って行ったんです。当時のぼくはご祝儀がなんなのかも分からないくらい冠婚葬祭の知識がなかったので、とりあえず威勢良く「行きます!」と返事して招待状にも後日返事をしたのです。

結婚式の少し前に準備をしようと思って調べたところご祝儀3万が相場という地獄の常識を知りました…。

キョウ
キョウ
え?先輩の結婚式祝うのに3万払わなければいけないの??

当時のぼくはそう思ったわけです。22歳で社会人なんだからそれくらい包まなければ。プライドもあったぼくは貯金を切り崩して、ネットでご祝儀の作り方を調べて3万円包みました。

そして、埼玉県への新幹線代で往復3万使い結婚式に行ったのです!2次会やプレゼントの費用を含めると7万は使いました。

ポップくん
ポップくん
手取り13万なのに1日で7万消えた…。

節約しても貯金出来なくて絶望

当然お金がなかったので節約しました。しかし、収入が低い段階での節約はいくら頑張ってもお金は増えないです。普通に家賃と食費払って、友達と会ったりすると13万ギリギリになります。そこから頑張って1万節約すれば1万貯金出来ますけど、たった1万です…。1年頑張っても12万しか貯まりません。

お金を貯めるのってこんなに大変なんだって思いました。

今振り返ると収入少ないときは節約に力を入れるよりも自己投資に力入れた方が結果的にお金が増えますね。

毎日30分の勉強が自分を変えた

あまりにも出来ない自分。ダメな自分が嫌だったのでどうにかしたくて勉強しました。仕事が終わったあとに会社の勉強用の資料を借りて自主練習。

関連記事→仕事が出来ないのが辛いなら自分を高める努力をしよう

1日30分の努力が自分を変えたと本気で思っています。たった30分でも1年続ければ182時間です。

今の社会人の半分は全く勉強していません。30分の勉強を3年も続ければ勉強しないやつなんて簡単に追い越せます。だから勉強しましょう。

手取り22万+家賃補助の管理職に

今では手取り22万+家賃補助です。家賃が0円の生活なので給料は手取り27万と同じと言って良いでしょう。むしろ、家賃補助分は経費扱いで税金が掛からないのでもっと上かもしれません。

手取り13万でも生きていけたぼくなので、今の給料だと毎月12万くらい貯金出来ています。積立NISAで投資もしており、今後もどんどんお金が増えて行く予定でして、お金に対するストレスはほぼ無くなりました。

責任が増える管理職ではありますが、逆に自分に裁量があるので会社という籠の中ではありますが、以前より自由に仕事ができてます。少なくとも手取り13万時代よりも仕事のストレスは減りました。

 

ボロックソに仕事が出来なかったぼくでもストレスの少ない生き方が出来ているんです。今、仕事が出来なくも毎日コツコツ自分を高める努力をすれば、必ず報われます。諦めずに頑張ってください。

キョウ
キョウ
新人時代に仕事が全然出来なかった人や貧乏を味わった人の方が謙虚になります。謙虚だからずっと努力を続けるし、生活レベルも上げない。最近では若い時に絶望を味わった方が良いのではないか?とすら思っています。