ストレスの少ない働き方

鬼残業+鬼節約で一気に貯金を作るのは難しい【体験談】

ポップくん
ポップくん
ああ。お金がほしいな。一気に稼ぎたいからたっぷり残業してガッツリ節約して貯金しよう!3ヶ月くらいなら頑張れるだろう!

キョウ
キョウ
ちょっと待った!それはオススメしない!残業したらストレス貯まって出費が増えるよ。3ヶ月も我慢の生活なんで強靭なメンタルをもっていないとまず出来やしない。いったん落ち着いて冷静になろう

この記事では鬼残業した僕の体験談を書いていいます。結論から言うと鬼残業と鬼節約は両立が出来ません。理由はストレスが溜まる事で出費が増えるからです。本記事で体験談を交えながら詳しく解説していきますね!

鬼残業したらストレス発散したくなる

僕の職場は月9日の休みになっており、残業時間は月10〜20時間というところ。毎月40時間とか残業している人と比べればそこまでつらい環境ではないかなーと思っております。

某ショップ店員をしていたので増税前はかなり忙しかったのです。小売業なので人員もギリギリでなんとか回す感じ…というか回ってないのをなんとか騙し騙し回していくような感じでした…。

僕自身、働きながらも「キツいな」ってのはすごい感じていましたし、スタッフからの悲鳴も上がっている状態。

そんな忙しい日々を過ごしている僕のストレスのはけ口はお酒です。仕事の疲れ・クレーム対応などでストレスが溜まるとついついお酒に逃げてしまう悪い癖があり、その月は56くらいで発泡酒を開けて飲んでいました。日によってはスタッフを捕まえて一緒に飲みに行く事も。忙しいながらも充実はしていたかもしれませんね。ただ、

貯金は出来ません。

ちなみにその月の残業時間は22時間です。世間の会社と比べると少ないかもしれませんが、僕にとってはかなり長時間。また、22時間残業してもらえる残業代は3万くらい。飲み代よりかは多少マシかな…笑

一番言いたいことはたった20時間の残業でも大きなストレスに感じるということです。

ストレスが無ければ節約も苦ではない

一方でストレスなく仕事が出来ているときは節約するのも全然苦ではありません。仕事が楽に感じているときはビールなんて飲まず、飲み会の時は飲むけども一人では飲まない生活をする事が出来ました。

格安SIMに移行したり、つみたて投資を始めたのもこの時です!心に余裕があるおかげで節約するための仕組みを考えられました。

また読書の時間が増えたので、キッチリと自己投資出来てます。1日30分だけでも自分を高める時間を作る事が何よりも大事なので、ストレスの少ない生き方をする事は重要です。

仕事が出来ないのが辛いなら実力を高めて仕事のストレスを減らすしかない。 今日のブログでは上記の悩みに答えていきます。結論から先に述べると自分の実力を少しずつ高めていくしかありません。身...

結論→鬼残業×鬼節約は出来ない。せいぜい短期間。

結論としてはやはり鬼残業と鬼節約の両立は難しいです。実家に住んでいて料理が出てくるとかならともかく、僕みたいな普通のメンタルの人間では1週間も頑張る事が出来ませんでした。

節約の肝は仕組み化ですよ。気合いや我慢で節約しようとしてもいつか必ず反動が来て失敗するので、節約出来る仕組みを作る事が何よりも大事です。

一人暮らしの生活費を10万円以下に抑える具体的な方法 節約と言えば電気をマメに消す事でしょうか?食費を削ります?ぼくはそんなことしなくても月の生活費を10万以下に抑えて生活出来ていま...

ポップくん
ポップくん
やっぱり残業時間長いのはキツいもんな!それよりも定時で仕事が終わるように工夫する事に力をいれよう!

キョウ
キョウ
早く帰って空いた時間に勉強したり副業とかしたほうがトータルリターンで言えばよっぽど大きいよ!残業なんてムダでしかないから残業は少ないに越した事はないさ