経済的な自由

格差社会の中で凡人がそこそこ豊かに生きるために大事な6つこと

ポップくん
ポップくん
くそ…今月の給料は13万。生活は厳しいな。アベノミクスって言うけど僕は全然その恩恵を受けれてないや。

キョウ
キョウ
実は日本の格差はどんどん広がっている。豊かな人はどんどん豊かになっているけど、貧しい人は10年前から変わっていない。むしろ物価が上がって更に貧しくなっている。

豊かになっている人は一部の株主やお金持ちだけです。我々庶民は変わりません。僕らのような凡人がそこそこ豊かに生きるためにはどうすればいいのでしょうか。今日はそんな記事を書いていきます。

日本は格差社会なのか

格差を測るのにジニ係数という指標が使われております。

格差を測る指標の一つに「ジニ係数」がある。これは、所得の分布について、完全に平等に分配されている場合と比べて、どれだけ偏っているかを、0から1までの数値で表したものである。仮に完全に平等な状態であれば、ジニ係数は0となり、1に近くなるほど不平等度が大きくなる。

内閣府のHPより引用

上の表をご覧になるとジニ係数は年々悪化している事が分かります。さらに55歳くらいを境に、格差は大きく広がります。

さて、皆さんはどうでしょうか?アベノミクスで好景気!雇用改善!って言われても全然ピンとこないですよね。

キョウ
キョウ
冬のボーナスの平均は○○万円です!ってニュース流れても「どこの話やねん」って感じに思います

一部の大企業や公務員だけがボーナスでお金をもらっているのが現状です。

キョウ
キョウ
株主も儲かっているね!

企業は利益を上げており、過去最高収益を達成した企業も多いんです。しかし、上げた利益は残念ながら従業員には還元せずに、内部留保や株主に還元されています。だから会社の経営者や株を持っている人は自分の資産をどんどん拡大していると言えます。

ならば我々も株主の側に回れば良いのではないでしょうか。

僕は21歳の時に自分が凡人だと悟った(笑)

21歳の時に僕は自分が凡人だと悟りました(笑)

21歳の僕は就職活動をしていました。当時の就活は「入社した会社で自分の人生が決まる」みたいな風潮があって人生の大事な瞬間だったんです。それと同時に就職氷河期でかなり厳しい時代でした。

ぼくはそんな就活で大苦戦しまして、大学3年の12月から就活開始したのに大学4年生の12月まで就活をしていました。1年間ずっと苦しんで就活。周囲の友人が夏前には決まっている中、僕だけは冬まで就活。辛かったです。

結局、正規雇用の切符を掴めずアルバイト採用で自分のキャリアをスタートしました。

「あ、オレの人生オワタ」みたいな感じで絶望しました。そんな僕なんで、マジで凡人です。もはや弱者で言った方が良いかもしれません。

そんな凡人には現代版・弱者がとる戦法があると考えています。その方法をまとめたのが次の内容になります。

格差社会の中で凡人がそこそこ豊かに生きるためにやる事

上記のツイートの通りですが、これ方詳しく解説していきます!

本やYouTubeで勉強する

凡人なんだからちゃんと勉強しましょう!という話です。

社会人の1日の平均勉強時間は6分らしいです。ヤバいですよね。しかし、裏を返せば凡人でも毎日30〜60分勉強すれば簡単に追い抜かす事が出来ます。

凡人なのに勉強しない人は…恐らく貧富の「貧」のほうになってしまうでしょう。

仕事が出来ないのが辛いなら実力を高めて仕事のストレスを減らすしかない。 今日のブログでは上記の悩みに答えていきます。結論から先に述べると自分の実力を少しずつ高めていくしかありません。身...

勉強は本が一番オススメなんですが、最近はYouTubeもお勧め出来ます。特にオリラジの中田さんが作っている動画は観ていて面白いし勉強になります。

 

芸能人でもこんな勉強になる動画を作っているんだなーって感心しました。メンタリストDaiGoさんもそうなんですが、本を参考文献として紹介しており、本人の意見だけではなく、しっかりした書籍を元に動画を作っているところが良いですね。

素人にも分かりやすく解説してくれますので、勉強の入り口としてはオススメです。

固定費を削減して生活費を下げる

我々のような凡人は一気に収入を上げる事が出来るでしょうか。正直簡単ではありません。しかし、出費を減らす事は難しくはありません!

特に固定費の削減は絶大の効果があります!車・保険・スマホ代。一度見直してみれば大きく家計が楽になりますよ。

一人暮らしの生活費を10万円以下に抑える具体的な方法 節約と言えば電気をマメに消す事でしょうか?食費を削ります?ぼくはそんなことしなくても月の生活費を10万以下に抑えて生活出来ていま...

『バビロンの大富豪の教え』という本には7つの黄金法則が書いています。2番目の教えが「欲望に優先順位をつけろ」です。

人間の欲望には際限がない…。だからこの中で収入が良いものも悪いものもいるはずなのに、皆一様にお金を使い切ってしまうのだ。

だとすればやる事は一つ。

収入の十分の一を貯金に回し、残りの十分の九で叶えられない欲望を諦めるのだ。

『バビロンの大富豪の教え』より引用

僕が諦めたのは車です。昔は車持っていたのですが、すっぱりと諦めました…。人によっては必須、という人も多いですが僕の場合は車が無くても生活は出来ました。

同じように諦める事が出来るところは諦めて、収入の10分の1を貯金に回しましょう。

楽天経済圏、PayPayなど効率良くオトクになる仕組みを活用

さらに企業が押し出してる仕組みも使いこなしましょう!楽天経済圏やYahooが提供するサービスはお得になるものが多いです。

現金ではなく楽天ペイやペイペイを使えばそれだけで10%程度お金が戻ってきます。それを利用しない手はありません!

楽天でふるさと納税をすれば返礼品が豪華なだけでなく、ポイントも大量についてきます。

初めてのふるさと納税。思ったより簡単だったけどつまずいたポイントを書く【体験談】 この記事ではふるさと納税デビューしたぼくが何でつまずいて、どうやって解消したのかをお伝えてしていきます。結論としては全然難しくな...

ちょっとずつ収入を上げる

生活費が下げつつも収入を上げる努力をしたいところです。決して簡単では無いのですが、人によっては転職すれば簡単に収入が上がる人も多いです。

転職しないでも、会社内で収入を上げる事が可能であればそちらを目指すのも当然アリ。というか僕は後者でした。※結構しんどかったので、転職の方がラクかも…。

昔は手取り13万で苦労していましたが、今では手取り22万です。家賃もゼロで固定費も下げているのでお金はどんどん増えていきます

余ったお金で資産運用

そして余ったお金で資産運用をしましょう。運用する金額は多ければ多いほど良いのですが、無理をすることはないので自分に出来る範囲で構いません。

アベノミクスで好景気になりましたが、企業が設けたお金は株主に流れています。ならば我々が株主になりましょう。それが豊かになるための近道です。

例え凡人であっても長い時間を掛けて積み立てていけば老後2000万不足問題は解決されます。月3万円の投資でも30年続ければ2000万は悠々超えていきます。

NISAなどの税制優遇を活用する

投資の入り口にはつみたてNISAを活用しましょう。通常は運用益が20%税金でとられるのがNISAを使えばゼロになります。活用しない手はありません。

楽天証券でつみたてNISAは負けづらい投資方法である。 この記事は実際に楽天証券でつみたてNISAをやってみての感想を書いている記事です!結論から言えばクレジットカードで投資出来るのが...

キョウ
キョウ
お金の出費を抑える。稼ぐ力をつける。投資に回す。この繰り返しで少しずつ株主側にまわるんだ!我々凡人には大きな資金力は無いけど、時間を掛ければそこそこ豊になれる。コツコツと積み上げていきましょう!